ギフトショー LIFE×DESIGN

春夏の展示会 第2弾として

「第85回ギフトショー春2018

 LIFE×DESIGN」に参加いたします。

 

Doors展示会とはデザインを変えたDM。

正直、かわいい。

 

 

そして、展示サンプルも

先日のDoorsの物に加えて

さらに盛夏用のお洋服も追加で作ってますので

前回来たわ という皆様にも

楽しんで頂ける内容にしております!

 

ぜひ皆様のご来場をお待ち申し上げております。

 

日時:1月31日 2月1・2・3日

   10:00〜18:00(最終日17:00まで

場所:東京ビッグサイト(東1〜3・6ホール)

 

 

でも残念!

これ、バイヤーONLYなんですよね。

・・と、今までなら続けていたんですが。

 

実は。

最終日だけは一般者入場OK!です。

どなたでも入って頂けます。

 

そして、なんと。

最終日は販売OKという訳で、

もちろん壺草苑も、お洋服や小物出しますよ。

 

実はギフトショーは2回会期があり、

私たちが参加するのは1週目の会期。

 

1週目は、クラフトや伝統工芸

個人クリエーターや 若手デザイナーなどが主に出展し、

インテリア・素材・ガーデングッズ・・

などなど。面白いブースがたくさん。

 

 

もしご興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

一般来場のご案内(2/3)

http://www.giftshow.co.jp/tigs/life3invitation/public.htm

 

 

入場料が無料になるには、

プリントアウトした書類が必要です。

最重要チェックです!

 

 

皆様のお越しをお待ちしております〜!!

 

 

藍染工房 壺草苑

営業時間/10:00〜18:00

定休日/火曜日、年末年始

TEL/0428−24−8121

mail@kosoen-tennenai.com

| 展示会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワークショップ参加者募集中です!

先日から告知しております

1月20日の抜染ワークショップ。

 

実は、体調不良などでのキャンセルが続き

参加予定者がとても少なくなってしまいました。

(現在3名という大ピンチ中)

 

まだ悩んでる という方がいらっしゃいましたら、

ぜひぜひご参加ください!

 

お待ちしておりますー。

 

 

------------------------------------------------

30周年記念イヤー企画 第1弾

抜染ワークショップ

「干支の柄で作る 巾着とハンカチ」

 

 

【日時】

2018年1月20日(土)

10:00〜作業終了次第(お昼ぐらいまでを予定)

於)壺草苑 工房

 

【料金】

巾着とハンカチで1セット ¥5,000

 

【定員】20名

 

【内容】

抜染(染めてから色を抜く)技法を使い

干支の戌柄の巾着とハンカチを作ります。

 

素材は染色済みのものを使い

当日は、型を抜く(絵を描く)作業から始めます。

 

染める作業がないので、

体力のない方、足腰に不安のある方、

小さいお子様でも楽しめるメニューです。

 

 

【応募方法】

メール mail@kosoen-tennenai.com 

 件名「1月ワークショップ参加希望」

 お名前・人数・電話番号をご記入下さい

 

電話 0428−24−8121(10:00−16:30目安)

   火曜定休日

------------------------------------------------

| 藍染体験/ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作業盛りだくさん

つい先日の作業風景。

 

狭い空間で3人が作業中。

 

ちなみにこれ、

全員染料から異なる染めをしています。

 

 

藍染のメインシーズンである春夏の

商品生産が盛りだくさん!に加え、

アパレル業界にとっては、

秋冬サンプル生産の時期にあたります。

 

んで。

その両方を同時に進めると、このような事に。

 

 

そして本日。風が強いですね!

 

こんな盛りだくさんに作業をしているので、

当然、天日干し作業もてんこ盛り。

 

な訳なんですが、

あまりの風の強さに物干し竿が全て倒れまくりまして。

 

今は諦めて、こんなちょっぴりに。

 

自然には逆らえませんね。

今日はじっくり藍と向き合う1日になりそうです。

 

 

藍染工房 壺草苑

営業時間/10:00〜18:00(作業終了次第 閉店)

定休日/火曜日、年末年始

TEL/0428−24−8121

mail@kosoen-tennenai.com

| 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワークショップ 受付中

昨年末にお知らせしましたワークショップ。

今の所 まだまだ余裕がございます。

 

30周年記念イヤー企画 第1弾

抜染ワークショップ

「干支の柄で作る 巾着とハンカチ」

 

サンプルで巾着作ってみました。

張り子の戌ですが、型を使えば

こんな柄がどなたでも簡単に作れますよ。

 

自分で書きたいという方には

もちろん筆もご用意してますよ。

 

【日時】

2018年1月20日(土)

10:00〜作業終了次第(お昼ぐらいまでを予定)

於)壺草苑 工房

 

【料金】

巾着とハンカチで1セット ¥5,000

 

【定員】20名

 

【内容】

抜染(染めてから色を抜く)技法を使い

干支の戌柄の巾着とハンカチを作ります。

 

素材は染色済みのものを使い

当日は、型を抜く(絵を描く)作業から始めます。

 

染める作業がないので、

体力のない方、足腰に不安のある方、

小さいお子様でも楽しめるメニューです。

 

 

【応募方法】

メール mail@kosoen-tennenai.com 

 件名「1月ワークショップ参加希望」

 お名前・人数・電話番号をご記入下さい

 

電話 0428−24−8121(10:00−16:30目安)

   火曜定休日

 

その他、

Facebook・instagramの

メッセージからでも結構です。

 

 

不安な点やご不明点・ご希望などがある方で

電話でお尋ねになりたい方は、

できれば「担当:中村」宛にお願い致します。

| 藍染体験/ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
迎春

2018年が始まりました。

 

本年は、開苑30周年。

より一層 充実した年となるよう

スタッフ一同 頑張って参りますので

どうぞよろしくお願い致します。

 


松飾りも、これで見納めですね。

 

 

さて、年頭の壺草苑。

 

営業初日の昨日は、

お年玉を持った小さいお客様に

お祖母様へのプレゼントを選んで頂いたり。

常連様がお見えになったり。

 

いつも、松の内はのんびりムードですが、

ゆったりした中にも賑やかな

明るい年明けを迎えることができました。

 

ありがとうございます。

 

 

藍染工房 壺草苑

営業時間/10:00〜18:00(冬季 業務終了次第 閉店)

定休日/火曜日、年末年始

TEL/0428−24−8121

mail@kosoen-tennenai.com

| 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本年もありがとうございました
大晦日ですね。

ここ青梅も雪が降ってきて
寒い年越しとなりそうです。

本年も誠にお世話になりました。
年明けは1月6日(土)より営業いたします。

30周年を目一杯駆け抜けられるよう
より一層頑張って参りたいと思っておりますので 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

壺草苑 スタッフ一同
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
楽しみだ!楽しみすぎる!!

まことにしつこく申し訳ありませんが、

来年の壺草苑は

「創業30周年記念イヤー」でございます。

 

で。

30周年記念企画 第一弾

干支の柄で作る巾着とハンカチ

ワークショップは、先日お知らせしたばかり。

(既にご予約が少し入ってきました。感謝)

 

ほいでですね。

その後、第一弾以降なんですけど。

 

 

ふふ。

ふふふ〜。

ちょいとフライングゲットな感じで発表しちゃいますね。


来年1年間は、必ず!!

1ヶ月に1回以上のイベント開催します。

 

ババーン。

 

おぉ〜う。すごくないですか?(自画自賛)

やりますよ、壺草苑。

やっちゃいますよ、30周年。

 

これ、今日の社員ミーティング用資料。

ぜーんぶ、来年工房でやるイベントの企画です。

たくさんあるでしょ?楽しみにしてて下さいね。

 

 

さて、少し話は変わりますが。

 

 

あれは ちょうど2年ほど前。

長年勤務していたスタッフが、

独立や結婚などで立て続けに退職しました。

 

そこから現スタッフになり、当然ですが

まず基本的な事ができるように教えてきました。

 

 

おそらく、壺草苑に入った者とって1番辛いのが、

体力と筋力がつくまでの最初の1年間。

 

それに加えて、指導方法だって

職人のかたまりな訳で古い所も、残念。あります。

 

「目も耳も鼻も全部使って覚えろよ。当たり前だろ?」

今時の若者や時代の流れからしたら

とても考えられないような、

手も足も、何一つ取らない指導。

 

「頭使え、毎日考えろ。わかるだろ!」

怒鳴られたり怒られたりなんて、日常茶飯事。

 

 

そんな昭和の中の昭和な工房で、

平成の世に生を受けた彼らが

体力の限界まで体を酷使しながらも、

決して腐らず 諦めず
一生懸命に仕事を覚えてくれました。

 

頑張りましたね。

 

さぁ!ようやくここからが

我が工房の真髄を遺憾なく発揮する時です。

 

 

私たち昭和の中堅スタッフが

何もしてこなかったと思ったら大間違い!

 

新しいことにチャレンジできる土壌は

いつだって耕され準備万端だったけど、

あなた達の筋肉と体力が育つ間に

さらにフッカフカのホッカホカに耕しておいたぞ。

 

もう1度言いましょう。

今こそが、これからが、それを使う時です。

 

 

社長と工房長が大切に作ってきた このでっかい畑で

若者よ。好きなことを何でもやりなさい!!

思う存分楽しんで、力の限り暴れなさい。

 

社長も。工房長も。

昭和代表社員の1人、私ブログ担当も。

 

 

全身全霊でもって支えましょう!

 

 

藍染工房 壺草苑

営業時間/10:00〜18:00

(冬季は作業により早く閉まる事があります)

定休日/火曜日、年末年始

TEL/0428−24−8121

mail@kosoen-tennenai.com

| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
沈殿藍の結末

あれは、まだギリ半袖でもいけた秋の日。

 

皆様、覚えていらっしゃるでしょうか?

こちらの日記を。

 

沈殿藍(10/22 日記)

http://kosoen.jugem.jp/?day=20171022

 

こーんなに花が咲いてから作っていた沈殿藍。

 

ほんとは、絶対ダメなんですよ。

こんなに花を咲かせては。

 

で、結末が私ブログ担当の休みだったために

写真がない という

まっこと尻すぼみな感じになっておりました。

 

ところが先日、

現スタッフの大先輩である

森田さん(今はご自身で工房お持ちです)が

「あの沈殿藍で染めたやつだよー」と

工房に見せに来て下さいました。

 

 

これ。左側の染まってない方。

よーく見て下さいね、うっすら青いです。笑

 

「これ何回(染めたん)ですか?」

「3回」

「あー、やっぱりそうかー。ですよねぇ。」

 あんなに花咲かせちゃったらねぇ。」

 

「そうだね。

でも、私ブドウ糖しか入れてないから。

ハイドロとか入れたらもっと染まると思うよ。

やってないけどね。」

 

「なるほどー。」

 

 

この会話、解説しますね。

 

 

まず、前提として藍の原料には

”蓼藍という植物の葉っぱ”を使います。

だから、本来は花が咲く前

(葉っぱに1番栄養があるとき)に収穫します。

でも、壺草苑のは花が盛大に咲いてました。

 

つまり。

 

葉っぱになければいけない栄養が、

花に吸い取られてしまってなくなっちゃってる。

もう色素自体がないんですよね。

 

だから染まらない、と。こういう訳です。

(私も先日初めて聞いたばかりなので、

 細かい点間違ってたらご容赦を!)

 

それを踏まえて、もう1度。

左の白いのは、3回も染めているのに

もう全然染まらない訳です。

 

で、ブドウ糖(栄養)は入れてるが、

ハイドロ(アルカリ成分)は入れてない。

 

ハイドロを入れると力が出るそうですが、

もちろん、森田さんも壺草苑も

灰汁醗酵建ONLYなので持ってない。

 

だから試せなかった訳です。

 

じゃぁ横の染まってるのは何なのさ?

と、当然思いますよね。

 

こっちは、

森田さんが台湾から持って帰ってきた沈殿藍に

ブドウ糖を加えて染めたもの。

 

当然ですけど、ちゃんと作ってあるから

普通に染まります。笑

 

だから壺草苑もね、

忙しさにかまけて放っておかないで

ちゃんとすればね・・・良かったですよね。

 

そうすれば、

アルバイト君の丸2日間の努力が

無駄にならずに済んだのに。

頑張り途中のアルバイト君。

すまぬの。

 

これが、台湾の沈殿藍で作った液。

緑色ですね。

 

これちょっと語弊がある写真なんですけど、

壺草苑のは だいぶ茶色です。

というわけで、これダメな見本ですね。笑

 

 

と、壺草苑の沈殿藍作りは

残念以外のなにものでもない結果となりましたが、

初めてやってみて、1つ勉強になりました。

 

また、こういう仕事以外でのチャレンジ

増やしていければ良いですねぇ。工房長。

 

 

藍染工房 壺草苑

営業時間/10:00〜18:00

(冬は作業終了次第閉店:目安17:00)

TEL/0428−24−8121

mail@kosoen-tennenai.com

 

| 藍染 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
30周年記念イヤー 企画第1弾!

来年は、開苑30周年の記念イヤー。

 

「新しい壺草苑の幕開けです・・」

と、展示会DMに書いちゃいましたからね。

 

ただただ1年やり過ごすわけには参りません。

只今、新企画の詳細を日々詰めておる訳です。

(主に段取り担当の私が・・今はまだ頭の中で・・がんばろう。)

 

 

そして本日、パンパカパーン!

まっことめでたく企画第1弾の発表を

させて頂くことと相成りました。

 

 

30周年記念イヤー企画 第1弾

抜染ワークショップ

「干支の柄で作る 巾着とハンカチ」

 

 

はい。

来年はみんな大好き戌(いぬ)年ですね。

ワンちゃんを飼ってらっしゃる方も多いでしょう。

 

そこで、年明け1発目は「犬柄の小物を作る」

ワークショップを考えてみました。

 

来たれ!

犬好き。藍好き。

そしているのか、干支萌え!!各位。

 

これはコースターで型染めだから

仕上がりが違いますが、

例えばこんな張り子の犬柄とか どうすかね。

 

型は、これからスタッフが追加で作りますですよ。

 

 

【日時】

2018年1月20日(土)

10:00〜作業終了次第(お昼ぐらいまでを予定)

於)壺草苑 工房

 

【料金】

巾着とハンカチで1セット ¥5,000

 

【定員】20名

 

【内容】

抜染(染めてから色を抜く)技法を使い

干支の戌柄の巾着とハンカチを作ります。

 

素材は染色済みのものを使い

当日は、型を抜く(絵を描く)作業から始めます。

フリーハンドでお好きな絵を描いても良し、

私 絵心ないのよ という方には型もご用意いたします。

 

染める作業がないので、

体力のない方、足腰に不安のある方、

小さいお子様でも楽しめるメニューです。

 

 

でも、そうは言っても

抜染ってどんな感じなの?という皆様。

以前に無印良品様で行いました

ワークショップの様子をご覧下さい。

 

 →→ 無印良品ワークショップ(壺草苑ブログ)

 

 

【応募方法】

メール mail@kosoen-tennenai.com 

 件名「1月ワークショップ参加希望」

 お名前・人数・電話番号をご記入下さい

 

電話 0428−24−8121(10:00−16:30目安)

   火曜定休日

 

その他、

Facebook・instagramの

メッセージからでも結構です。

 

 

不安な点やご不明点・ご希望などがある方で

電話でお尋ねになりたい方は、

できれば「担当:中村」宛にお願い致します。

 

 

 

年明けから(もちろん年内も・・・)

壺草苑スタッフ一同、

張り切って皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

藍染工房 壺草苑

営業時間/10:00〜18:00

(冬期間は作業により17:00頃閉店)

TEL/0428−24−8121

mail@kosoen-tennenai.com

| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
L'EQUIPE(レキップ)アニバーサリーコレクション

寒い!

朝 天日干しの作業をしていると

布がバリバリに凍る季節がやってまいりました。

 

寒い!!

 

さて、そんな寒い最中 ホットなお話を一つ。

 

 

今季、染めのご依頼を頂きました

株式会社ビギ様のブランド「L'EQUIPE(レキップ)」

 

先日行われた展示会の写真が、それはもう!

とっても素敵!!でしたのでご紹介いたします。

 

この写真に掲載の商品は、

来年30周年を迎えるL'EQUIPE(レキップ)の

アニバーサリーコレクション(2018年3月発売)です。

 

おおぅ。青い。

 

この中の、板締めのシマシマと、

真ん中あたりのストール(3枚)の染めが壺草苑。

 

素敵。

 

全身、板締め!!

すんごい素敵です。

 

壺草苑がいっつも見ているのは、

こんな光景なので(笑

 

生地。

 

この段階でも毎日綺麗だなとは思いますが、

やっぱり、こうやって完成した姿を見ると

本当に嬉しくなります。

 

 

藍染工房 壺草苑

営業時間/10:00〜18:00

定休日/火曜日、年末年始

TEL/0428−24−8121

mail@kosoen-tennenai.com

| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/56PAGES | >>